家を売却するには買い取りという方法もある

MENU

家を売却するには買い取りという方法もある

現在お住まいの家を売りたいと思ったら、どのような方法で手続きを進めていけば良いのか確認しておきましょう。購入した家の住宅ローン返済に困った時や家族の転勤等で引越ししなければならなくなった時は、家を手放さなければなりません。

 

売却を成立させるためには、買い手を探して不動産の売買契約を結ぶ必要があります。売り手と買い手の間に不動産会社が入ることが一般的で、仲介手数料を支払うことで不動産会社が様々な手続きを行います。ただ、この方法では買い手が見つからない限りは売買契約を成立させることができません。

 

もっと早く売却したい時は、不動産の仲介ではなく買い取りを行っている業者を探すといでしょう。買い取り業者なら現状のままで買い取りを行ってくれるので、今すぐ現金に換えることができて便利です。

 

買い手を探す方法では不動産情報誌やインターネットの物件サイトに登録されることになるため、買い手が付くまでいつまでも掲載されてしまいます。プライバシーを守る意味でも、スピーディーに契約が成立する買い取りの方がメリットになるでしょう。

 

買い取り業者を探したら、初めに査定を受けなければなりません。初めの印象が査定額の影響を及ぼす可能性もあるので、査定の前に丁寧に掃除しておくと安心です。

 

査定の結果、提示される金額は業者によって違いがあるので、複数の業者に依頼しましょう。契約が成立したら家を引き渡すことになるため、それまでに引越し先を探しておきましょう。

 

不動産の売却の査定とはどのようなものか

所有している不動産を売却しようと思った時に、いくらくらいになるのか?それを算出してもらう事を査定と言いますが、一般的には不動産会社に依頼をします。

 

査定は無料としている会社もあれば、「査定書」というものや調査に費用がかかる為、その費用はいただきますという会社もあるので注意が必要です。

 

また、査定は自分が思っているような金額で算出してくれるものではなく、その地域の相場、建物であれば築年数や建物の状態、内装、土地であれば前面道路の幅員や間口等が加わり、この価格であれば今なら売れますよという金額を算出してきます。

 

査定を受けたからと言って絶対その金額で家を売るは必要はありません。あくまで目安として算出してもらっているので、自分がもう少し要り用であれば足した金額での売却も可能ではあります。

 

もし、売却しようとしている不動産に抵当権等(融資・借入・担保)がついているのであれば、現段階で残債がいくらあるかも事前に把握しておいて、いくらで売り出せば残債も消せて手元に残るかを確認しておくと良いかと思います。

 

残債がある以上、それを返せる資金がなければ売却する事はできません。売却金額では追いつかない場合は特に気をつけなければいけないポイントとなります。

 

その旨も事前に依頼する会社に伝えるとスムーズですし、その不動産に関する書類、例えば測量図や建物の間取り図等を持参するのもスムーズに査定してもらう事ができるので、用意しておくと良いかと思います。